兵庫県篠山市の東に位置する上筱見という里山で作陶。

2015年に倒炎式単窯を再構築、自身で築炉三基目となる窯で焼成しています。

原始土器にインスピレーションを受け「赤」を加飾した「灰赫陶(はいかくとう)」

造形に徹した「風郭(ふうかく)」を始めとして、茶碗、酒器、なども手がけています。

このサイトでは展覧会の情報などを発信してまいります。

ご高覧賜われれば幸いです。